学校法人電波学園

  • 英語
  

サイトマップ

【専門学校】 あいち福祉医療専門学校 9月7日「認知症じぶんごとプロジェクト」に参加

あいち福祉医療専門学校の介護福祉学科・作業療法学科の学生が、9月7日(土)、イオンモールナゴヤドーム前で開催された愛知県認知症施策推進条例普及啓発事業「認知症じぶんごとプロジェクト」に参加しました!今年度は、愛知県のご当地アイドル「OS★U」さんが愛知県認知症啓発1日大使に就任され、多くの方に「認知症」に関する普及啓発を行いました!

 

出場時間が迫るにつれて、学生のテンションも高まってきました!

学生の皆さんは、日頃学んでいる知識を存分に活かし、認知症の方へのかかわり方を、寸劇やクイズで紹介しました!その場を通りかかったお客さんが、思わず学生からのクイズに立ち止まり、手を挙げて下さる場面が何度もありました!
当日の様子を紹介します!


まずは認知症の人への対応について、基本姿勢や留意事項を「授業形式」で再現しました!


その日の放課後、学生たちはイオンモールナゴヤドーム前に遊びに来ました。するとひとりのおばあさんが「何もわからない!どうしたらいいの!助けて!」と困っています!


認知症によって、混乱しているおばあさん。実は、遠くに住んでいる息子さんとそのお嫁さんが久しぶりに会いに来るため、昔から息子さんが大好きなカレーを作って喜んでもらおうと、イオンモールに材料を買いに来ていたのでした。
そこで学生たちは、「何か僕たちにできることがあるかもしれないよ!」と声をかけようとしますが、一人の学生が、「まって!確か、今日の授業でさ、大勢で話しかけたらびっくりしてしまうから慎重にいこうよ」と授業で学んだ基本姿勢や留意点を駆使します。同時に、シルバーカーに書かれていた息子さんの連絡先を発見!息子さんに連絡をしました!

 

その後、息子さんが到着!心配のあまり、思わず大きな声を出してしまう息子さんに、学生たちはおばあさんの「想い」を説明します。
そんな自分のことを思う「おばあさんの気持ち」を息子さんが知り、会場と学生共に和やかな雰囲気に包まれました!


終了のあいさつでは、鳴りやまない拍手に学生も少々照れていました!


終了後、寸劇を観ていただいた「OS★U」さんから、「今回は緊急連絡先が分かったので連絡が取れましたが、連絡先がない場合には、どのように対応したらよいのでしょうか?」となかなか困難ケースを予測する質問がありました!
しかし、「はい、そのような場合は、まず、落ち着いてご本人に聞いてみてください。落ち着くことができれば、自分のことを話すことができるかもしれません。」と、まさに専門職!と言える解説を、介護福祉学科2年生W君が披露してくれました!
彼らの姿は、すでに専門職そのものでした!


最後はマネージャーさんから許可をいただき、ステージ上で「OS★U」さんと記念撮影!

特別に、学園・学校公式HP・SNSおよびあいち福祉医療専門学校広報リーフレット「Well-being」への掲載許可もいただきました!


今後も、愛知県認知症パートナー企業・大学等として、地域の中でなにができるかをじぶんごととして考える取り組みを継続していきます!

▲PAGE TOP

学校法人電波学園
  • 学校法人 電波学園
  • 〒456-0034
  • 名古屋市熱田区伝馬1-3-6
  • TEL 052-681-2299